ステロイド剤について

副腎皮質ホルモン 通称ステロイドは、免疫の過剰反応による炎症やアレルギーの抑制に強力に効果を発揮します。

いわゆる「炎症を抑える薬」です。

 

 

ステロイドはとてもよく効きますが、乱用すると副作用が現れることがあります。

 

 

 

健康状態の肌はバリア機能が働く為に薬は深く浸透しませんが、ステロイドはとても粒子が細かく、炎症が収まった後も使用し続けると健康な肌にも浸透して逆に組織を痛めてしまうことがあります。

 

副作用の出方や場合によってはさらに強いステロイドを使わなくてはならない状態になり、悪循環に陥ります。

 

ステロイド依存症になってしまうと、脱するにはかなり辛い思いをしなければならないそうです・・・

 

 

また身体の部分によって薬の浸透率が変わります。顔や粘膜等は皮膚が薄く、注意が必要です。

 

特に陰のう湿疹の発生する陰のう部分は人体の皮膚の中でも最も薬の吸収力の高い部分です。

吸収率が違うので、使用される個所によって濃度をコントロールして処方されるケースもあるようです。

 

ステロイドの使用は基本的には継続的に使い続けるものではなく、短期集中治療のために使われる場合が多いようです。

 

ネット上の反応だと『効果が強い分使用に抵抗がある』という意見が多いように感じます。

 

 

自身が皮膚科でいただいた副腎皮質ホルモン:ステロイドも、使っている間と、その後少しの間は非常に効果的です。

 

一気にかゆみも収まりますし、ジュクジュクになってしまった患部も症状が和らぐ。

しかし、また日にちが経ってくると痒みの再発。というのが使ってみての感想。

なんとかそもそもの症状自体を緩和できないかなと。

 

スポンサードリンク