とにかく掻かない

単純な要で重要なことです。

 

もちろん掻きたくて掻いている人はほとんどいないと思います。痒くて掻かざる負えないというのも痛いほど分りますが、とにかく”掻く”という行為によってどのような事が起きるのかを理解しておくことは重要です。

アトピーではなくアレルギーの話ですが

掻くという行為によって具体的に何が起こるかというと

 

まず皮膚が傷つきます。  そしてその付いてしまった傷から体内に 爪や皮膚表面に存在していた雑菌、衣服の汚れや菌、アレルゲン物質が同時に体内に入り込んでしまいます。

 

すると体内に存在する”IgE抗体”という 体内に侵入した菌を殺すための抗体が反応します。

 

そして抗体と雑菌、アレルゲン物質が結びつくと ヒスタミンという成分を生み出しそれがさらなるかゆみや炎症を引き起こしてしまうのです。 

 

  

生まれつき持った先天性のものではなく、生まれた後に発症する後天性のものもあります。

 

 

生まれた後に発症する後天性の原因の一つに

肌表面にアレルゲン物質ともなるものが付着している状態で(例えば金属など)肌を引っ掻いたとします。 

 

その時肌にアレルゲン物質の他に雑菌が付いていた場合 体内に雑菌の他にアレルゲン物質も同時に入ってきます。 

 

雑菌だけであれば、通常通りIgE抗体が雑菌に反応し 退治してくれます。しかしその時アレルゲン物質にも同時に反応してしまうのです。

  

そしてその後はアレルゲン物質だけにもIgE抗体が反応するようになります。

  

そうするとその後は金属などのアレルゲン物質だけにも反応し、ヒスタミンが生成され かゆみが生まれてしまいます。

  

 

引っ掻く。や 掻きむしる行為は白血球の反応を促してしまい、局所的に血液も集まるために余計に神経が過敏になりやすくなり、痒みが増す場合が多いです。

   

 

 自身が考える後天性のアトピーと今回のアレルギーに関しては別なものですが、痒みを生み出すという意味では注意した方が良いという点と、患部の皮膚表面はすでに表皮が弱くなっている状態なのでこれ以上傷や刺激をふやさないという意味でも掻くことをできるだけさけるようにしましょう。

 

スポンサードリンク